日時未定

マジック:ザ・ウェザリング

部長

[489views]


詳細
779030859177768.png

いつやるか、どこでやるかは決めてません。代々木リボルト翌日にやろうかとも思ってましたが、デッキ用意する時間がなさろうなので、ちょっと微妙。時間あったら代々木リボルトの準備や練習したいし。

とりあえずルールだけ定めておきます。


■使用可能セット
リンク先は MTG Wiki のカード個別評価です (読んでいくと時間が無限に消費されるので注意!)

強制ではありませんが、日本語版以外は非推奨 (初心者もいるため)。あと同名再版カードの使用も非推奨です。絶対にとは言いませんが、できるだけ上記のセットとして印刷されたカードを使ってほしいです。
まあ「理想を言えば」程度の話なので、英語版しか持ってないとかいう場合はそれはそれでしょうがないです。


■禁止カード
なし
(オンスロートブロック使用可なのでゴブリン徴募兵がちょっと怪しいですが、今のところ見逃します)


■使用ルール
第6版ルールを使用
・戦闘ダメージがスタックに乗ります (当て逃げできます)
・同名レジェンドは1体のみ場に存在でき、2体目以降は墓地に置かれます
・フェイズの切れ目にマナが残っていると、1マナにつき1ライフを失います (マナ・バーン)
・壁は攻撃に参加できません
・翻弄する魔道士で分割カードを指定する場合、1枚の分割カードの両方のカード名を指定できます


■特別ルール:エラッタ無視
あらゆるエラッタは無視し、カードは印刷された通りに機能します。そのため日本語版で誤訳されたことで、英語版と機能が異なるカードがあります。

茂みの精霊は、キッカー能力で土地を手札に加えます。
生き写しは、色がまったく一致しない2体を破壊します。
総帥の召集は、自分が選んだタイプのみ戻します。
抵抗+救難は、印刷通り、抵抗+救出というカード名として扱います。
動員令は、印刷通り、動員というカード名として扱います。
・2005年のクリーチャー・タイプの大幅改変など、後になってオラクルに追加されたり変更されたタイプは、印刷通りとして扱います。

英語版を使用した場合、英語で書いてある通りに機能します。


■その他
ルールというほどではありませんが、それなりにカードを持ってる人は新規購入はほどほどに
昔遊んだカードで遊ぼうというのがコンセプトなので、できるだけ持ってるカードでデッキを組むようにしましょう。


こんなところでしょうか。何か気になることがあればコメントでご指摘お願いします。

このイベントに参加しますか?
まずはTwitterにログインしよう!
※ログインする際、TwiPlaが勝手にツイートやフォローする事はありません。
興味あり (0人)
    不参加 (0人)


      コメント
      1. @weathering 俺のゾンビデッキを喰らえ!
        アイルトンおじ☀️☀️☀️💀💀💀 1039日前 
      2. @weathering 参加します!
        たまちょん 695日前 
      ログインしてコメントする