20141126[水]

どなたでも初参加歓迎途中参加OK
11・26(水)被ばくから子供たちを守れ! 文部科学省前抗議行動 第85回 【 第二・第四水曜 】

小吹 伸一

[1562views]


詳細
821137684397399.jpg

福島、および高線量地域の子供達を避難させよ! 

除染の前に避難。国による移住支援を。

子供、乳幼児、妊婦を被ばくから守れ!

「子ども・被災者支援法」の実効的措置を!

文部科学省よ、日本の子供達を守る職務を果たせ!

年20ミリシーベルトは「安全」ではない!


とき:毎月第二、第四水曜日 19時~21 (変更の場合があります)

ところ:文部科学省前

http://www.mext.go.jp/b_menu/soshiki2/map.htm

銀座線「虎ノ門駅」6・11番出口より直ぐ(11番出口より直結) 
千代田線「霞ヶ関駅」A13番 徒歩5分

主催:子供を守ろう 水曜文科省の会



※ご発言いただける方、署名呼びかけ、チラシ配布、横断幕掲揚などご協力いただける方どなたでもご参加下さい


ツイキャスでネット中継行います。

http://twitcasting.tv/kobukishinichi


子どもを守ろう水曜文科省の会  

稲井邦利  

小吹伸一 @kobukishinichi ℡ 070-5552-8284



Codomo-Rescue の署名活動に協力します。


『Codomo-Rescue』とは⇒http://bit.ly/1mkNh8I

620522725163028.jpg




「子ども脱被ばく裁判」 を応援します。


880598980933428.jpg



843410261208192.jpg

290496723027900.jpg


<参考記事>

OurPlanetTV
UNSCEAR(国連科学委員会)のプレスリリースには「福島での被ばくによるがんの増加は予想されない」と記載されているが、これは公衆衛生の観点から許しがたい記載であると説明。UNSCEAR報告書によると、東電の作業員は事故後1年半で、被ばく線量が10 mSvを超える人が約10,000人いると指摘した上で、それらの合計線量推計からリスク係数を用いて計算すると、約50症例のがんの過剰発生が予測されるはずだと批判した。
 
また事故後1年目の日本国内の公衆集団線量について、18,000人・Svと推定している事実をあげ、「この数字から予測されるのは、2,500から3,000症例のがんの過剰発生である。」と語気を強め、「これらは、「予想されない」がんではなく、「予期される」がんである。 特定の個人のがんが放射線由来であるかを同定することはできないかもしれないが、確かに発生するものだ。」と述べた。




このイベントに参加しますか?
まずはTwitterにログインしよう!
※ログインする際、TwiPlaが勝手にツイートやフォローする事はありません。
参加者 (1人)
興味あり (0人)
    不参加 (0人)


      コメント
      ログインしてコメントする